田舎生活と英語コース
2週間の間に英語のレッスンに、アメリカウィスコンシン州西南部の
ユニークなエリアの特徴を生かしながら、大自然の田舎生活を

満喫するアクティビティーを 取り入れ、アメリカの田舎生活、自然、
異文化に大いに触れて頂く、英語を英語の使える環境で学ぶコースです。
より実践的で体験型アクティビティーを組み入れた海外で英語を勉強する
価値が十分に生かされたプログラム構成
になっています。

学生ビザは取得不要ですのでビザ取得の心配無用です!
NEW都会と田舎生活を組み合わせた語学コースのミッドウェストスペシャル


.
.
.
.
.
.

 
アクティビティー
2週間の間にバラエティー豊かな体験型、地元密着型
アクティビティーを取り入れ、少人数制英語のレッスンで
習った事をすぐに実践できるようにプログラムを組んでおります。

例)月曜日 ファームアクティビティー
ベジタブルファームにてオーガニック野菜の収穫のお手伝い!


火曜日 クッキング
畑からとれたての収穫物を使っての
栄養満点クッキングレッスン



水曜日 アウトドアアクティビティー
大自然の中でのチュービング!(浮き輪)


木曜日 リラックスデー
町中でのショッピングやカフェ等をお楽しみください!


金曜日 カルチャーアクティビティー
アーミッシュカントリー訪問で昔にタイムスリップ?!



また、2週間の中には、大自然での宿泊キャンプツアーも
予定しております。モデルス ケジュールをご参考ください。
*アクティビティーは天候、その他の都合により臨機応変に
変更等させていただく可能性がございます。
また季節によって独自のアクティビティーを展開していきます!
   
         

 

      


 
 







 2週間 モデルスケジュール



ザリトルカントリースクールの英語レッスン

英語を使うという環境をなるべく作るため1日の授業は約2時間とし、
その後は学んだ事をすぐに半日アクティビティーで活かす、という
実戦的英語に
重要を置い ています。また、授業は1名~2名という
少人数制にすることによりすべての生徒さんに先生の目が届き、
会話を中心とした授業の展開をしていきますのでホームステイ先、
アクティビティー中、町でのお買い物中にもすぐに英語を試すことが
できます。ですので短期間でも充実した内容となる事でしょう。
アクティビティーの前に必要なボキャブラリー取り入れてレッスン中に
スピーキングの練習をしていきます。その後、アクティビティー中に
見て、聞いて、話して身につける事により、英語独特のニュアンスも
理解できる非常に効果的なレッスンを展開していきます。机の上で
何時間やっても覚えられなかった事がこの
英語を使う環境の
アクティビティーを楽しく体験する事によって、
自然に英語を
使えるようになる事でしょう。通常、語学学校での先生は比較的
わかりやすい英語を使って、はっき りと話してくれます。しかし、
実際に普通に
生活をしている人達の英語になると、聞き取れない、
自分の英語が通じないという事が
よくあります。これは実際に
英語を話す人々と話して聞く事を繰り返すことが
一番効果的だ
というアイデアに基づ き、アクティビティー講師や地元の人たち
との
交流を、滞在は基本的にはホームステイをご用意しております。
(ご希望があれば他の宿泊施設なども手配可能 追加料金が
かかります。)

ザリトルカントリースクールの英語の授業、そしてアクティビティーを
通して皆様に
学んで頂ける実践 的な英語は、今後の英語の向上に
繋がり、またアメリカの田舎の文化、
人々と触れ合う事によって、
異文化交流を十分にお楽しみ頂ける事 と思います。

ホームステイ
世界中で最も治安のよい場所と言っても過言ではない
この町ビロクアでの素敵なホストファミリーをご紹介いたします。

ホームステイは、地元のご家族のお宅でのご滞在と
なりますので英語の向上はもちろん、異文化に触れる絶好の
環境です。アメリカと言っても国土は日本の25倍もあり、
たとえば大都市のニューヨークと、ここウィスコンシンの
小さな町ビロクアは、同じアメリカでも非常に違った文化、
雰囲気、生活そして人々がいます。田舎生活を求めて
ザ リトルカントリースクールにたどり着いた皆様には、
のどかな田舎と自然、人々との滞在を十分にお楽しみ
頂ける事でしょう。
 ホームステイにおいては、何事もホストファミリーと自ら
コミュニケーションを取る事によっ て、お互いに誤解を
招く事もなく楽しくお過ごしいただく事ができます。
日本人の方に多くみられるのは、気を使いすぎたり、
遠慮がちに なりすぎてしまうケースですが、
アメリカ人は逆に自分の思っている事を率直に話します。
お互いに常識範囲の配慮は必要ですが、ご自身で
思っている事を伝えることは英語の向上にもつながり、
ホストファミリーと楽しく過ごせる鍵でもあります!

<よくあるケース>
遠慮がちな日本人
ホストファミリー達は皆様にご自身の家のように
リラックスした滞在をして頂きたいと思っています。
遠慮しすぎずに自分の意思をはっきり伝えるように
しましょう。

例)ご飯の量が多いけれど、無理して食べて体調を
  崩してしまった。
  →普段からこんなに食べないので減らしてほしい事を
   ホストファミリーに伝える。 
  →ホストファミリーは 快く量を減らしてくれるでしょう。
例)お風呂やシャワーの使い勝手がわからない。
  →自分で試して何か壊して しまう前に使い方を 
   ホストファミリーに聞く。
  →ホストファミリーの話す英語があまり聞き取れなくても、
    実際に使い方をやって見せてくれる事でしょう。
例)ホストファミリーが言っている事があまり良く分からず
  ついついYESと言ってしまい、誤解が生じてしまった。
  →ホストファミリーはあなたが英語を学びにきたという事を
  理解していますので、
  聞き返すのは悪いと思わず、わかるまで後で誤解が
   生じないようにきちんと聞く。
  このコミュニケーションをとるという勇気によって、
  ホストファミリーと快適に過ごせるのはもちろんの事、
  ご自身の英語にも自信がついてくる事でしょう。
  そして、ホストファミリーとの絆も深まって行くはずです。
  ホームステイは、ホテルに滞在とは違って、
  その家族の一員となって生活を共にする滞在方法です。
*ホームステイはホテルとは違います。
起きる時間、寝る時間、お食事時間など、
家族の一員となりますので、ホームステイ先の家族の
日常生活時間など、初めに聞いておきましょう。
お料理を手伝ったり、食べ終わった後はお皿を洗ったり、
進んでお手伝いをしましょう。

*ホーム ステイ以外の宿泊は、追加料金がかかります。
この場合、B&B(朝食付きの洋風民宿)やモーテルと
なりますので、食事は朝食のみとなります。
あらかじめご 承知下さい。

 











   

2010年スケジュール、料金等お気軽に
お問い合わせください!
   

都会と田舎コンビ ミッドウェストスペシャルコース
アメリカの秘境ともいわれるこのミッドウェスト地域にせっかく
行くのなら都会と田舎両方味わってしまおう!という人にお勧め。
都会での語学学校と田舎生活と英語コースを組み合わせる事が
可能です!また、英語の勉強を目的とする人には学生ビザを取得し
本格的に勉強する事も可能!


マディソンの提携語学学校WESLI基本情報
学生総人数平均 夏季 185名~200名 
           冬季 160名~70名
年齢 17歳以上(16歳は要相談)
クラスの人数平均 9名 
クラスの最大人数 14名
レベル 8レベル
国籍 アジア60% - 韓国30-60% 台湾10% 日本10% タイ5%
    サウジアラビア 20%
        ヨーロッパ5%
パソコン台数 21台 

日本人スタッフ 常勤
レッスン時間 16時間/1週間

都会エリア マディソン
ウィスコンシン州都であるマディソンは湖の間に作られた美しい町
としてアメリカ国内では有名であり、ウィスコンシン州では2番目に
大きな都市です。また、アメリカの中でもトップクラスの
ウィスコンシン大学の本拠地という事もあり、多くの学生で賑わいます。
また、すてきなレストラン、バー、ショップが並ぶステイトストリート、
少し郊外に行くとアウトレットがあったり。
5月から10月の毎週土曜日にはアメリカでも最大規模の
ファーマーズマーケットがマディソンキャピタルの周りを囲むように
開催されており、中でもやはりオーガニックファーマー達の
自慢の食材が並ぶところが自慢です。自家製メープルシロップ、
蜂蜜、ジャム、チーズ、フルーツお野菜と見ているだけでも
健康になれそうな気がします!

マディソンでの語学レッスン
ザリトルカントリースクール ケイコ&クロービスの訪問レポート
2008年10月末
私達の町ビロクアからは約2時間程のドライブ。

無事到着!キャピタルがまさに目の前のこのロケーション。
生徒さん達の自転車もちらほら。そして、バス停も目の前!
うわ~~都会に来た。マディソンは美しい湖に囲まれているので
自転車をこぎながら優雅なひと時を過ごせそうですね~!
サイクリングコースなども近くにあり多くの人達が楽しんでいます。
外見非常にモダンな建物のように見えながら、ビルの中に入ってみると、
昔の壁をそのまま使っていたり、非常に興味深い建物である。
スタッフのダンに校内を案内してもらいながら、私達もすでに興味深深!
授業
今回は授業参観もさせてもらいました。50分の授業をクロービス、ケイコで
2コマずつ合計4名の違う先生、レベルのクラスを見せて頂きました。
ま ず、教師人。こんなに揃っているの?!と、正直びっくりしました。
長年この学校で勤務している先生が多く、海外での英語の先生の経験者が
沢山いるせいか、 文化や、海外での生活の理解、興味が非常に深い。
それに、英語以外に他の言語を話す先生も多く、生徒たちをみんなで
サポートしているというところが印象的です。
授業の内容も非常に濃い。先生は生徒を飽きさせない。というのが
印象的な動きのある授業。目、耳、口,体全てを使って覚える授業。
笑いを取る事も忘れな い、なんだか神業のようだった。
自分で勉強したり、テキストにただ沿った授業とは訳が違う!
これは価値あり!と実感。お昼休憩には数名の日本人の
生徒さん からもお話を聞かせてもらう事が出来た。
英語を本格的に勉強したい人にはぴったりの学校と、
満足の様子。スタッフも気を利かせてくれて、私達と生徒さん
の みの交流の場を設けてくださいました!
日本人は多くても10%。中には、来る前は日本人が少なすぎて
ちょっと心配だったというお声もありましたが、来てみ たら周りの
人々の温かさに包まれ、まったく問題なし、本当に素敵な
マディソンの生活を送っています。とおっしゃっていらっしゃいました。
ランゲージパー トナーを紹介してもらえるので、
地元の大学生をはじめ語学学校以外でもアメリカ人との
交流の場もでき、授業以外でも週に2時間は会話レッスンが
無料で選択 できます!

そして最後に学校の寮を見学。ホームステイの他に空きがあれば
選択が出来ます。湖を見渡せられる距離にあり、学校には歩いて
2分ほど。本当にマディソンのど真ん中に位置し、更に新しい
建物という所も非常に魅力的。写真は生徒さん達のコモンルーム。
キッチン、リビングルームを真中にツインの部屋が2つの
4人でシェア。

コースの例)
ウィスコンシンの州都マディソンにて語学学校にて英語の向上。
治安のよいアメリカウィスコンシン州の都会を満喫 4週間
お勧めスタート日以外にも航空券の料金のお安い日を
ご選択いただく事も可能。
日本出発 ウィスコンシンマディソン到着
都市体験の部
    まずは英語の基礎を固めて!
一般英語コース4週間二人部屋寮滞在
滞在はマディソンの中心に位置する学校の寮にて他の生徒さん達と
楽しく過ごす!
     ↓
田舎体験の部     
    ビロクアへ移動

アクティビティーたっぷりの
田舎生活と英語コース2週間 ホームステイ
アメリカ生活にも少し慣れてきたところでホームステイでアメリカの
家族とのふれあい

     ↓
英語にも自信がついてきたところで残りを旅する
旅好きの私たちが旅のアドバイスも致します!
ミネアポリスまでアムトラックの旅
     ↓
ミネアポリスから日本へ帰国


詳しくはお気軽にお問い合わせください!



 
学校の目の前にはキャピタルが!
       
       自転車が便利なマディソン。
            バスの便利もばっちり!
   
学校の中は昔の建物の面影が。
      
   少人数クラスにぴったりの教室のデザイン 
 
     1人1人にとっても近い存在の先生達        
      
    寮のシェアベットルームは2人部屋2部屋ごとに
   キッチン、リビングルームバスルーム2室をシェア
   家具、シーツ類、枕、タオル、食器類、ケーブルテレビ、
   VCR,DVD、CDデッキあり。ローカルコール無料、
   高速インターネットアクセス

   
      都会を満喫したらいよいよ田舎へ移動!
大地と触れ合う季節を満喫した素敵なステイを
                   お楽しみください!

       



                         

   

航空券について 
出発空港よりウィスコンシン州ラクロス空港(LSE)までの
往復航空券をご用意ください。ザリトルカントリースクールでも
格安航空券等の情報をできる限りお伝えいたします。
航空券は早割り料金や、空席確保の為お早めにご購入されることを
お勧めいたします。
ご不明な点はいつでもご連絡ください。


出発前の準備
パスポート取得
書類が全部そろった上で申請後通常10日前後かかります。
パスポートをまだ取得されていない方はお早めのお手続きをお勧め
いたします。必要書類等は外務省ホームページをご参考下さい。
各都道府県のパスポートセンターの問い合わせ先等も掲載されて
います。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/

パスポートの有効期限とビザ
田舎生活と英語コース(2週間)におきましては、
観光目的の90日以内の滞在となりますので、ビザ免除プログラムを
利用して渡米できます。
(日本国籍の方は特にビザの取得はいりません)パスポートの
残存有効期間は米国に入国する日から少なくとも90日必要です
残存期間が
90日以下の場合は、パスポートの有効期限日までの
滞在期間が許可されることになるでしょう。
ESTA
*2009年1月12日よりアメリカビザ免除プログラムの
入国手続きが変更されました。事前に電子渡航認証(ESTA)を
遅くとも渡航72時間前までに申請し、承認を受けることを
お勧めします。
必要なものパスポート
申請はこちらから
 https://esta.cbp.dhs.gov
イミグレーションにより個人的な事情で入国が許可されなかった
場合はザリトルカントリースクールでは一切の責任を負うことが
できません。
アメリカ大使館のウェブサイトをご参考下さい。また情報の更新が
ある場合がございますので各自でも必ずお確かめください。
http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-waiver.html
お金の持って行き方
アメリカではトラベラーズチェック、クレジットカード(JCBは
使えない場合もあります)がお店では利用可能ですが
アーミッシュのお店、ファーマーズマーケットは現金のみの
所が多い事、
追加オプションなどの可能性のある方は
ザリトルカントリースクールでは現金のみのお支払いと
なりますので
現金は余裕をもってご用意下さい。
田舎町という事もあり、日本円から米ドルへの交換は
困難な場合がございます。
*ホストファミリーへの滞在費は現金でお支払いください。

皆様のお手続き、ご準備がスムーズにできます様に、
ご不明な点がございましたら、いつでもご連絡ください。

持ち物        
服装
★ファーム、アウトドアアクティビティー等ではかなり汚れる可能性が
 ございますので運動靴、Tシャツ、長ズボン等、
汚れても大丈夫な
 もの
をご用意ください。
★夏でも夜は少し肌寒い時もありますので、上着は必ずご用意
 下さい。
水着は、ファームに流れる川などで泳いだりする事もございますの でご準備ください。現地での購入も可能ですがサイズなどが
 見つからない可能性もございます。
その他 
洗面道具 現地で購入も可能ですが到着後すぐに買い物に
 行けるまでの最低限はお持ちいただく事をお勧めいたします。
酔い止め薬その他の薬
田舎ですので、車での移動は避けられません。
車酔いをしやすい方は、ご自身にあった酔い止め薬をご準備
ください。その他の薬に関しましてもザリトルカントリースクール
からは、お渡しすることができません。現地では薬局も
ございますが、ご自身にあった薬をお持ちであればご持参される
事をお勧めいたします。
虫よけスプレー/日焼け止め (現地購入可能)
筆記用具
飛行機の中で入国カードなどを書くときにボールペンがあると
便利です。
スリーピングバック
キャンプの際に使用します。現地でも$20前後で購入可能
海外旅行傷害保険証書
保険の契約番号の書かれた証書と、お申し込み時に頂いた
冊子をお持ち下さい。

あれば便利な物
電子辞書
あれば便利です
双眼鏡
この地域には鷲をはじめとする野生の鳥も多くあると便利です。
ホストファミリーへのお土産
 高価なものは必要ございません。気持ち程度のものをご用意
 される事をお勧めいたします。

電圧
日本用の電気製品であれば変圧器は特に必要ございません。